交通事故示談交渉サポート

保険会社に「慰謝料負けてください」 とお願いされた探偵社社長の 慰謝料を最大化させる示談交渉術 をお教えします。

無料でプレゼントいたします。

誰にでも簡単にできる慰謝料の増額法(PDFファイル)交通事故 誰にでも簡単にできる 慰謝料の増額法今すぐダウンロード

完全無料で今すぐダウンロードいただけます。
保険会社にやり込められる前に、
今すぐお読みいただくことをお勧めいたします。

無料の情報とはいえ、
そんじょそこらの一般書籍を100冊読むよりも、
はるかに実戦的な知識・テクニックが身につくはずです。

image99

 

 

 

 

 

 

保険会社による治療の打ち切り
あまりに少なすぎる慰謝料
自分の保険会社に任せていたら、結果は悲惨だった
他にもいちいち保険会社の顔色を伺わなければならない

などなど・・・

保険会社との示談交渉とは、このような悔しいことがいっぱい、というのが普通でしょう。

保険会社は、常日頃からあらゆるケースの事故処理をしている、交通事故処理のプロ

一方、自分(被害者)は、稀にしか事故に遭うことがないので、知識も経験もほとんどない

 

交通事故の示談、とは、このように、被害者にとって 圧倒的に不利な状況下で行わなければならないデキレースみたいなものです。

 

保険会社は、民間企業です。
保険金支払いは、出費にあたります。

民間企業が出費を極力抑えようと、するのは当たり前です。

このように
会社を挙げて保険金支払いを少しでも抑えようと日々精進しているプロフェッショナルたちに、

ごく稀にしか事故にあわない、ごく普通の一般ドライバー(被害者)が

 

自分ひとりだけの知識で勝とうとすること自体、無謀すぎるのです

 

ちなみに自分の保険会社に任せておけば大丈夫
と思っていたら大間違いですよ。

保険会社同士は、裏ではツーカーの仲。
お互いの(会社の)利益や損害を調整しながら、事故処理にあたっています。

ですから、自分の保険会社に過失割合や慰謝料について納得できないと訴えても、

「そんなものです」
「妥当なところです」

としか言わないのです。

むしろ、

 

自分の保険会社に任せていたら、過失割合も慰謝料も低くなってしまう

 

と思っていたほうがいいかもしれません。

私の場合、間違いなくそうなりますね。

だからといって、どんなに本を読んで、どんなにネットサーフィンして、
どんなにがんばって勉強しても、先ほど申し上げたように、

プロである保険会社に素人が勝つことは、まず、不可能

プロとはそういうものです。

 

向こう(保険会社)がプロなら、あなたもプロの知識を使えばいい

 

実は私自身、探偵になる随分前、免許を取って初めて遭ったもらい事故のとき、
凄腕保険会社担当者に

本来過失割合100:0のところを80:20に押さえ込まれ、
まだまだ痛むにもかかわらず治療は3ヶ月で打ち切られ、
慰謝料は自賠責保険の支払基準にも満たない小額に押さえ込まれ、

死ぬほど悔しい経験をしたことがあるのです。

それ以来、私は打倒 保険会社 のために執念を燃やし、あらゆる情報を収集し、
あらゆるテクニックの研究に没頭しました。

やがて探偵となってからは、さらにプロの調査力も加わりました。

そして現在、打倒保険会社の研究をはじめてから20年近く経っているでしょうか・・・

気がつけば、保険会社から

「慰謝料負けてくださいませんか」

とお願いされるまでになっていました。

なかなかいないと思います。
保険会社のほうから「慰謝料負けてください」とお願いされる人間なんて。

某保険会社北九州支店長からは

「こんなやり方をされたのは初めてです」

と言われたこともあります。

 

そんな私の全ノウハウ、全テクニックを駆使して、 あなたを全力でサポートいたします

 

インターネットに接続さえできれば、メールさえできれば、

どんなに遠方にお住まいでも、日本全国どこにお住まいでも、
オンラインでお一人おひとりマンツーマンで個別指導・相談&アドバイスいたします。

交通事故は過去にまったく同じケースというものは、まず、ありえません。

ですから、たとえどんなに勉強しても、どんなに研究して知識を学んでも、
それを基に、自分のケースに当てはめて取捨選択したり、交渉法を考えたり、
という応用力が必要になってきます。

また、担当保険会社社員の人柄によっても対応の仕方は変わってきます。

人生でそう何度も事故に遭うことのない一般ドライバー(被害者)には、
とても面倒で、とても難しいことだと思います。

 

そんな示談交渉の煩わしさをすべて私にぶつけてみてください

 

私があなたの変わりに対処法を考えます。

その方法をあなたにメールでお伝えします。

あなたは私のメールのとおりに行動すればいいだけです。

それだけで、

保険会社との示談交渉のためにあれこれ考え、悩むことから開放され、
納得いくまで治療でき、
慰謝料(損害賠償金)をこれ以上は裁判しても無理というレベルにまで増額させる

ことができるようになります。

探偵という、調査のプロの交通事故示談交渉術は、はっきり言って、その辺の弁護士や行政書士のお決まり法律論なんかとは、一味違います。

超実戦的ですよ

このオンラインメール指導・相談&アドバイスだけでも不安や悩みが解消し、
軽く数十万円~数百万円単位で慰謝料が増額することになるのですが、

さらに、

 

『慰謝料を最大化させる示談交渉術 ~もう、保険会社には負けない~』  という保険会社との示談交渉の方法解説テキストをお付けします。

 

この示談交渉法解説テキストは、

保険会社に追い詰められた状態から反撃を開始し、

治療の打ち切りを阻止する方法
納得のいく過失割合を獲得する方法
最終的に、慰謝料を犯罪にならないギリギリ最大額を支払わせる具体的な方法

などを、一から体系的に纏め上げたものです。

ですから、

メール相談しようと思っていたことが、このテキストを読むだけで次々解決してしまう

そんなことが続出することになるでしょう。

なぜか市販の一般書籍はこのようなことをズバリ解説したがらないんですよね。
したくてもできない、ということなのでしょうか。。。

そんなサポート・テキスト
『交通事故 慰謝料を最大化させる示談交渉術』
の内容を、一部ではありますが、参考までにご紹介しますと、

 

『交通事故 慰謝料を最大化させる示談交渉術』 -示談交渉オンラインサポートテキスト(PDFファイル)内容-

慰謝料を犯罪にならないギリギリ最大額を支払わせる具体的な方法

あるカンタンな方法で慰謝料を犯罪にならないギリギリまで最大化させます。
保険会社が提示してきた金額から、約1.5倍~あなたの(通院等の)状況次第で
上限は予測できないほどに最大化させます。
その秘密は、慰謝料の算定基準の変更、後遺障害の認定や、等級をアップすること、
逸失利益の算出の仕方にあります。

示談交渉を開始する適切なタイミング

保険会社から交渉を切り出され、そのまま交渉を開始した時点で、保険会社の思惑通り。
まんまとペースにはめられています。
慰謝料の金額の交渉には、交渉を開始する適切なタイミングがあるのです。
そのタイミングを間違うと、慰謝料を最大化させることはできません。

自賠責保険と任意保険を正確に理解し、
  任意保険会社からきっちりと慰謝料を支払わせる方法
  (実は、任意保険会社からは1円も保険金が支払われていない、
  ということが多々あるということです)

日本一カンタンに納得のいく過失割合をゲットする方法

保険会社の手法を逆手に取ります。
お教えするほんの2,3語程度を、保険会社に伝えるだけで、
あなたは納得のいく過失割合をゲット することができるようになります。
これ以上カンタンな方法は存在しないでしょう。

無過失(100:0)を主張する(認めさせる)方法

保険会社の言う、「車は動いている以上、100:0ということはありえないんです」
という、なんとも都合のいい、
しかも、一般常識的な感覚になってしまっているこのセリフを真に受けていませんか?
お互いに動いていても、あなたに、
( 1 )道路交通法違反がないこと
( 2 )その事故を予見(予測)することができない状況であったこと
( 3 )結果として、回避不可能な状況であったこと
この3点が立証できれば、裁判所でもあなたに過失を認めません。
無過失を主張したいあなたに、どうすればいいのか、を具体的に伝授します。

面と向かって言い争うことなく、あなたの主張を確実カンタンに
  保険会社に認めさせる方法

過失割合、慰謝料の金額等の科学的根拠を論理的に提示し、
  保険会社は反論したくてもできなくなってしまう、という示談交渉術

交通事故でも健康保険を使用し、慰謝料を増額させる方法

交通事故では健康保険は使えない。
巷では、そう言われています。平気でそう言う病院もあります。
でも、それは真っ赤な“嘘”です。
交通事故と健康保険の関係の正しい知識が身につきます。
そして、健康保険を使った方がいい場合、使わない方がいい場合。
その見極めができるようになります。

不当な治療の打ち切りを阻止し、納得のいく治療を受け続ける方法

何の対策も施していなければ、保険会社からまだ痛むにもかかわらず、
打撲1ヶ月
むち打ち3ヶ月
骨折6ヶ月
で治療費の支払いを打ち切られます。
保険会社では裏でそう教育されているからです。
そんな保険会社の不当な打ち切りを阻止し、
納得いくまで治療を受け続ける秘策を伝授します。

正しい治療日数(入通院日数)の算出の仕方

保険会社から言われるがままに計算しては、大損してしまいます。
絶対損をしない正しい計算式とその根拠を伝授します。
インターネット上で、実治療日数の数字を打ち込むだけで、
正しい治療日数が自動計算される便利な自動特殊計算機をご紹介。

過失割合・慰謝料等の損害額・後遺障害の等級・逸失利益等の
  各算定基準・認定基準について、
  最も詳細に解説されている各基準の大元というべき非売品の書籍4冊、
  発売されているにもかかわらず書店ではまずお目にかかれない良書3冊を
  特別公開 (一般書籍を100冊読むよりこの4+3冊です)

自分でカンタンにでできる鑑定法

人間は嘘をつきますが、残された痕跡は正直です。
一般的には専門家でなければできないと思われている各種鑑定を、
誰でもカンタンに実践する方法をお教えします。
・衝突時の加害車両の速度を割り出す方法
・加害者がブレーキをかけ始めた地点を割り出す方法
などです。
これらは示談交渉時に必須の情報です。

実況見分調書のコピーを入手する方法

警察の実況見分調書は刑事問題だけでなく、
時に過失割合の決定の際に多大な影響を及ぼすことがあります。
警察関係の書類は一般人には入手不可能?
実は、カンタンに入手することができるのです。

実況見分調書のコピーを後に入手することを前提に、
  警察に不利な記載をさせない方法

この方法だけで過失割合がアップ
⇒慰謝料がアップすることもあります。
実況見分調書に不当に不利な記載をされると致命的です。
実況見分調書の訂正のさせ方もお教えしますが、
最初から不利な記載をさせないのが二度手間にならず、賢い方法です。

担当警察官が横柄だった場合、あっという間に従順にさせてしまう方法

後遺障害の希望等級の認定のさせ方

ありきたりに何の対策も施さずに申請しても、希望等級は勝ち取れません。
でも、あるカンタンな準備をしておくだけで、
希望等級を勝ち取れる確立が爆発的に上がります。
後遺障害の審査(認定)機関を効果的に攻略する方法です。

「むち打ち」でも後遺障害を認定させる方法

後遺障害を認定させると、慰謝料の額が跳ね上がります。
私は「むち打ち」だから・・・
とあきらめないでください。
一般的に認定させるのが一番難しいと言われている
「むち打ち」の認定のさせ方を徹底解説。
具体的な実践的手法を、手取り足取り詳細に。
実例を挙げて、なんと言う言葉を言えばいいのか、
どう言えば審査(認定)機関が認定せざるを得ない診断書を、
医師が書いてくれることになるか、を具体的に記載。
あなたに該当する箇所は丸写しOK!だから楽チンです。
後遺障害、一度は検討してください。

保険会社を強制的にあなたに従わせる方法

もちろん、理不尽なことは論外です。
でも、誰が見ても、客観的にあなたの主張の方が理が通っているにもかかわらず、
保険会社が意地でも認めない、そんな場合・・・、
実は、保険会社をあなたに強制的に従わせるとってもカンタンな方法があるのです。

探偵流(杉山流)弁護士の選び方を特別公開

・どうしても自分ひとりで手に負えない問題が発生
・有無を言わさず保険会社が訴訟に持ち込んできた
あなたはどんな観点から弁護士へを選びますか?
交通事故問題に詳しい弁護士?
知人の紹介?
ハッキリ言います。
それだけでは非常に危険極まりない!
探偵だからこそ知っている弁護士界の裏事情を暴露。
その裏事情を知るだけで、
そんな安易な観点から選ぼうとしていた自分に恐怖の念がわいてくることでしょう。
探偵流の弁護士激選法、徹底的に指導します。
そしてその弁護士激選法は、交通事故問題に限らず
ありとあらゆるケースにそっくりそのまま応用することができます。

 

もうおわかりかとは思いますが、

明日から、
「血のかけらもないんじゃない?」と思えた、強引で勝手気ままな保険会社と、
言われるがままに為すすべなく従うしかなかったあなたとの立場が、

まるっきり逆転します

それどころか、
あなたの意のままに保険会社をコントロールすることすらできるようになります

最低額に抑え込んでいたはずの慰謝料を想定外にまで最大化され、
支払うことを観念せざるを得ない、あの憎ったらしい保険会社の青ざめた顔を見るのは、
サイコーです。

そして、跳ね上がった慰謝料をあなたはどう使いますか?

『悪銭身につかず』ではないですが、
(交通事故での被害・・・、痛い思いをお金で賠償してもらうわけですから、
厳密には意味が違うのですけど、・・・、まぁ、保険会社を完膚なきまでに叩きのめした、という意味で)

パアッと大胆に使うのもいいでしょう。

ワンランク上の車に買い換えるのもよし。

ゆっくり温泉につかるのもよし。

私の姉なんか、ハワイへ8泊10日もの家族旅行に行きました

これらは決して大げさに言っているのではありません。

そんな近未来が、実際に待っているのです。

そのようなノウハウに、あなたならいくらの値をつけますか?

私は最低でも10万円の価値はあると思っています。

でも、その金額では、気軽に購入を決断できる人は、
一部のお金持ちだけに限られてしまうことでしょう。

それでは『交通事故で悩み苦しんでいる被害者を一人でも多く助ける』という、
私の目的を達成することができません。

ですから、このノウハウを実践し、
『絶対に保険会社に一泡吹かせ、正当な額の慰謝料を支払わせる』と
決意されている方に限り、20,000円にてご提供させていただこうと思います。

 

交通事故示談交渉オンラインサポート内容  メール相談&アドバイス 示談交渉が終了するまで徹底サポート 納得できる慰謝料を受け取るまで、示談書にサインするまで、 無期限でサポートを継続いたします  示談交渉オンラインサポートテキスト 『慰謝料を最大化させる示談交渉術』保険会社に負けない示談交渉法解説テキスト PDFファイルダウンロード形式  ・慰謝料を増額させる方法  慰謝料の算出基準を最低額のものから最高額のものへ変更させる方法です  ・納得のいく過失割合を獲得する方法  無過失、道路交通法に違反がないのであれば、(100:0)を獲得できます  ・慰謝料の増額法(健康保険編)  健康保険を使用し、結果的に慰謝料を増額させる方法です  ・不当な治療の打ち切りを阻止する方法  納得のいく治療を受け続けていただけるようになります その他、多数のテクニックを収録 保険会社の手の内を知り尽くした探偵ならではの解説書 一般書籍では手に入らない情報が満載です   その他、目撃者の捜索、資料収集、交通事故鑑定、原因調査などのご相談にも応じます  料金:2万円(税込)(1回きり) お支払い方法:銀行振り込み

 

要するに、今現在の交通事故問題について、

示談交渉が終了するまで何でも何度でもメール相談いただけて、
保険会社に負けない示談交渉法解説テキストというおまけつき

料金は一度きりの2万円(税込)

ということです。

お金の価値観は人それぞれだと思いますが、客観的に2万円という金額は安くはないかもしれません。

でも、

 

今からあなたが受け取ることになる慰謝料を基準にして考えてみてください

 

最低支払基準である自賠責基準の、傷害の通院慰謝料は、1日4,200円ですが、
オンラインサポートで、もっとも効率のよい通院の仕方をしていただけるようになりますので、

通院慰謝料は1日4,200円という考え方ではなく、
通院1回で、倍額の8,400円だという感覚が普通になります。

ですから、オンラインサポートで、ほんの3回通院を延ばすことができただけで、

8,400×3 = 25,200(円)

から十分すぎるおつりがくるくらいです。

しかも、最低基準である自賠責基準ではなく、
最高基準である裁判(弁護士会)基準で支払わせることができるようになりますので、
その金額はさらにアップします

もしも、オンラインサポートで、保険会社の治療の打ち切りから、
たった3回すら通院を延ばすことができなかったとしたら、
私は恥ずかしくて、とてもじゃないけどお金をいただく気にはなれません

ですから、もしもそのようなことがあった場合、

サポート料金を全額返金いたします

 

全額返金保証について  保険会社から治療の打ち切りを通告されてから、その後3回通院を延ばすことができなかった場合 保険会社から提示された慰謝料の金額から、2万円以下の増額しかできなかった場合  つまり、サポート料金2万円の出費が、最終的に文字通り赤字になった場合  サポート料金を全額返金いたします

 

これで、私の本気度をお分かりいただけたと思います。
あなたには必ず慰謝料を増額していただきますよ。

損が出た場合、全額返金され、元金が数倍から数十倍になるまで徹底指導を受けられる
というこのオンラインサポートは、

勝ちを保証された投資みたいなものです

この世の中、ありえないですよ、そんな投資対象は。
絶対に負け(マイナス)はないのですから

そんな勝ち戦(オンラインサポート)に投資(参加)できるのは、

交通事故に遭って、痛い思い、わずらわしい思い、悔しい思い、いろいろと嫌な思いをして、
それを打破するために一生懸命情報収集し、このサイトにたどり着いてくれた、
あなただけの特権です。

ただし、

 

先着50名さま(くらい)限定での募集になります

 

もっと多くいけるかもしれませんし、もっと少なくなるかもしれません。

当事務所にもスタッフはいますが、この示談交渉オンラインサポートは
私、杉山が責任を持って対応したいので、すべて、杉山一人で運営します

ですから、どうしても物理的にそれほど多くの方のサポートはできないと思うのです。

いいかげんなサポートでお金をもらうような姑息なマネはしたくありませんので、
杉山がサポートクオリティを保つのに、そろそろ限界だ

と感じたら、予告なく募集を打ち切りますのであらかじめご了承ください

なので、50名という人数はあくまで目安と思ってください。
多くなることもあれば少なくなることもあるということです。

 

お申し込みはこちら

 

 

それでも「高い」と感じますか?

確かに、インターネット上で情報を仕入れることができれば、タダ同然です。
交通事故関連の一般書籍は1冊1,500円前後で購入することができますので、
約10冊分以上の値段です。

あなたが高いと感じるのも無理はありません。

しかし、です。

これは覚えておいてください。

タダや1,500円程度で得られる情報は、所詮、その程度の価値しかない
ということを。

本当に使える情報、

「そういうことだったのか」
「そんな裏事情があったのか!」
「そんなにもウマイやり方があったのか!!」

読んでいるハシから血の流れが速くなっていくのを体感できるほど興奮してくるような
“使える” 情報・ノウハウ

は、それなりの対価、つまり、それ相応のお金をかけないと得ることはできないのです。

探偵という“無”から“有”を引き出していくこの仕事に長年携わり、
そんな体験を数え切れないほどしてきている私だからこそ断言することができます

このオンラインサポートは20,000円ですが、
慰謝料を想像すらできないほど極限まで跳ね上げることに直結させるノウハウが満載です。

しかも、誰でも、即、実践できる、実戦性の高いものばかりです。

考えてみてください。

あなたの自己流ではどうしても認定させることができなかった後遺障害を、
また、ハナから想像だにしていなかった「むち打ち」での後遺障害を、

あなたの想像以上の等級で勝ち取ることができたとしたら・・・

サポート料金20,000円はどんなに少なくても数十倍になって返ってくるのです。

数倍ではありません。数十倍です。桁が変わってくるのです。

そしてそれは、このオンラインサポートで得られるノウハウの
ほんの一部に過ぎないのです。

誰しも事故は遭いたくって遭うものではありません。
今後も遭ってしまうこともあります。

でも、
このサポート・ノウハウを一度手にしてしまえば、
もう二度と保険会社との示談交渉に悩まされることはなくなります

そうです。

一生使えるノウハウなのです

そのサポート・ノウハウは、どんな書店にもインターネット上にも絶対に存在しません。

このオンラインサポートでしか手に入れることはできないのです。

それでも20,000円は高いですか?

その程度の価値にしか感じませんか?

繰り返しになりますが、私は少なくても10万円の価値はあると思っています。

でも、あなたがそれほどの価値を感じない、と思うのであれば、
もちろん無理してお申し込みいただかなくても大丈夫です。

決断するのはあなたですから。

私としましても中途半端な気持ちでお申し込みしていただきたくはありませんので。。。

 

 

無料でプレゼントいたします。

 

長文にもかかわらず最後までお読みいただきありがとうございます。
お礼代わりに

 

誰にでも簡単にできる慰謝料の増額法(PDFファイル)

 

という、慰謝料増額直結ノウハウを無料でプレゼントいたします。

オンラインサポートへのお申し込みに関係なく、 どなたでも今すぐダウンロードいただけます。

ぜひ、あなたの示談交渉に役立ててください。
陰ながら応援しています。

 

交通事故 誰にでも簡単にできる 慰謝料の増額法

今すぐダウンロード

完全無料で今すぐダウンロードいただけます。
保険会社にやり込められる前に、
今すぐお読みいただくことをお勧めいたします。

無料の情報とはいえ、
そんじょそこらの一般書籍を100冊読むよりも、
はるかに実戦的な知識・テクニックが身につくはずです。